学校案内

学校紹介

学校長 医学博士 吉武 毅人
障害を持つ人が、その人らしく
生きる支援をする専門家を育成します。

リハビリテーション(rehabilitation)はラテン語のre「再び」とhabilis「適した」からなる言葉で、「再び適したものにする」という意味で、具体的には、身体や精神に障害のある者をすみやかに社会生活に復帰させることであります。
  現在、身体障害者は約350万人と推定されており、その大部分は、交通事故による傷害者と脳卒中の後遺症によるものと思われ、また知的障害者は約45万人と推定されています。これらの障害者のために理学療法・作業療法の専門技術者が求められております。
  理学療法士は、身体に障害のある者に、その基本は運動能力の回復を図ることを、作業療法士は、身体または知的に障害がある者に、応用的動作能力や社会適応能力の回復を図ることを業務内容としています。
  関東リハビリテーション専門学校はこのような社会的要求を満たすために、熱意あふれる若者を、質の高い専門技術者として教育し、世に送り出すことを目標としています。


関東リハビリテーション専門学校
学校長 医学博士 吉武 毅人
関東リハビリテーション専門学校の特色
教員による徹底した個別指導

 本校は1学年1クラス40名の少人数制を導入しており、目の行き届いた教育を実施し、学生全員がきちんと理解出来るまで分かりやすく丁寧に指導をしていきます。学生と教員の距離が近くアットホームなところが本校の魅力のひとつです。

毎年、就職内定率100%を維持

 本校への就職求人数は毎年約1,000件(理学療法士:約870件、作業療法士:約930件)、7,800人分。開校以来就職内定率は毎年100%を保っています。学生一人ひとりの個性や長所まで入学時からしっかり捉え、学生が納得のいく就職を応援しています。

国家試験全員合格を目指す

 定期的に実施する「確認テスト」と「各種模擬試験」により弱点と到達度を把握し、個人に適した学習方法を指導。国家資格取得のための万全のサポート体制です。万が一不合格になったとしても、卒業生対象の「国家試験対策」講義を実施するなど、国家資格取得を最後までサポートします。

臨床実習等に掛る実習費は学校負担

 臨床実習等に掛かる実習費(宿舎借上費用、実習委託料、遠距離運賃)は学校で負担しますので、実習前の追加徴収や、各自で実習費を積み立てておく必要はありません。 ※運賃片道780円までは自己負担になります。

 

理学療法学科
昼間部 3年制 (9時~16時10分) 男女40名
入学者の内訳 (昨年度実績) 高等学校新卒 約60%
高等学校既卒 約40%

 

作業療法学科

夜間部 3年制 (18時~21時10分) 男女40名(平成30年度より移行(申請中))

入学者の内訳 (昨年度実績) 高等学校新卒 約7%
高等学校既卒 約93%