キャンパスライフ

在校生インタビュー

理学療法学科

佐野 愛梨さん (静岡・御殿場南高等学校出身)

「少人数教育が魅力」

関東リハの魅力は、何と言っても「少人数教育」ですね。少人数のクラスなので先生方の目が行き届いた授業が受けられます。先生も臨床経験豊富な方ばかりで、実際の現場での事例を交えた授業展開でとても分かりやすいですね。授業中でも気軽に質問が出来る雰囲気で、1人の疑問をクラス全員で共有しながら解決していくんです。決して簡単な内容を学ぶわけではないので勉強はすごく大変ですが、クラスメイトと協力し合って復習したりするなど、同じ目標に向けて頑張れる関係を築けるのも魅力の1つです。将来は患者様の気持ちの分かるPTになるために、今は毎日頑張っています。

 

 

作業療法学科

石井 祐次さん (東京・東海大菅生高等学校出身)

「働きながら学べる学科です」

現在、昼間に介護老人保健施設でリハビリ助手の仕事をしながら終業後学校に通っています。以前は保育士として働いていましたが、さまざまな幼児と接するうちに、心身の発達について興味を持つようになったのがこの道をめざすきっかけです。関東リハを選んだ理由は働きながら学ぶことが出来たからで、今のこの職業も学校に紹介してもらいました。職場にはさまざまな利用者の方がいらっしゃいますが、気持ちを理解する上においても、身体の中で起こっていることを的確に把握することがとても大切です。学校の生理学の授業で人の体が動くメカニズムを知ることがすごく役立っていて、現場でも学校での学びが生かされています。将来はこれらの知識をもとに勉強を続け、発達など得意分野を持った作業療法士になりたいと思っています。

 

理学療法学科

神田 紗希さん (東京・三原高等学校出身)

「楽しそうな授業風景をみて「ここで学びたい」と決断!」

学校はいつも学生や先生の挨拶が飛び交う明るい雰囲気です。

新入生の頃、先輩や先生たちが気軽に話しかけてくれるので、すぐ学校に馴染むことが出来ました。

クラスの一体感も強く、難関の国家試験を目指してみんな前向きで、一生懸命に取り組む姿勢に

自分も刺激を受けています。

 

 

作業療法学科

坂本 羅夢さん (東京・小平南高等学校出身)

「作業療法士として患者様の自立を支え、たくさんの笑顔を作りたい!」

複数の学校を見学しましたが、その中でこの学校に決めたのは、アットホームな

雰囲気。親切で熱心な先生たちやイキイキと楽しく学んでいる先輩たちの姿を見て、

「この学校なら頑張れる!」と思い、入学を決めました。

将来は、社会福祉施設で働き、利用者の方々が自分の力で日常生活を過ごせるお手

伝いをしたいと思います。