就職状況

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー
都築学園 関東リハビリテーション専門学校 卒業生インタビュー 長濱 豪志さん

理学療法学科

長濱 豪志さん 

クラスメイトと問題を出し合いながら 勉強していました

最短3年間で理学療法士の資格が取れ、さらに初級障がい 者スポーツ指導員の資格も併せて取れることに魅力を感じ て関東リハを選びました。先生方からは国家試験対策とし て、過去に国家試験に出た問題、また次回出そうな問題を中 心に講義をしていただき、そのおかげで難しい問題でも勉強 がスムーズに出来ました。また模試の回数が他校よりも多 いので様々な問題を解くことが出来たのも良かったです。

 

都築学園 関東リハビリテーション専門学校 卒業生インタビュー 角田 麻美さん

理学療法学科

角田 麻美さん 

充実の就職サポート体制で、 安心して入職できました。

現在の職場は、先生から紹介していただきました。 同年代の同僚も多く、公私ともにいろいろ相談に のっていただけ、とても充実しています。人と接す る仕事は職場環境も大切です。学校からはとても きめ細やかにサポートしていただきましたので、安 心して、入職することができました。将来は小児の リハビリなど、仕事の幅を広げていきたいと思って います。最初からコミュニケーションが得意であ る必要はありません。ぜひチャレンジしてみてく ださい。

 

都築学園 関東リハビリテーション専門学校 卒業生インタビュー 鈴木 眞子さん

理学療法学科

鈴木 眞子さん 

患者さんの思いを聞くだけでなく 引っ張っていけるようなPTになりたい

関東リハは少人数制クラスでしたので、すごく中身の濃い授業が受け られたと思います。また、クラスメイトとボーリング大会や学校祭など で盛り上がったことは、今でも良い思い出です。現在は病院のリハビ リテーション科に勤務しています。臨床に出て改めて基礎的な知識の 重要性を痛感しています。現場は想像以上に大変ですが、患者さんか らの感謝の言葉と笑顔が何よりも力になります。今後は技術のみならず、知識の向上も継続して行っていきたいです。

 

都築学園 関東リハビリテーション専門学校 卒業生インタビュー 今橋 崇さん

作業療法学科

今橋 崇さん 

実践的な授業内容が、現在の仕事でもとても役に立っています。

在学時に習得した知識が、現在の仕事にとても役 立っています。リハビリテーションの仕事は、患者 さんとの信頼関係が大切ですが、そのためにはしっ かりとした理論を身に付けることが欠かせません。 脳の構造や筋肉の構造など、心と身体を構成する要 素を理解したうえで、しっかりとコミュニケーショ ンを取ることですね。関東リハビリテーション専門 学校では、実践的な教育を行っているので、時間の 無い社会人でも効率よく学ぶことができました。

 

都築学園 関東リハビリテーション専門学校 卒業生インタビュー 石井 祐次さん

作業療法学科

石井 祐次さん 

在学中は仕事と勉強を両立して頑張りました

在学中は、昼間に介護老人保健施設でリハビリ助手の仕事をしながら終業後学校 に通っていました。以前は保育士として働いていましたが、さまざまな幼児と接す るうちに、身心の発達について興味を持つようになったのがこの道をめざすきっか けです。関東リハを選んだ理由は働きながら学ぶことが出来たからで、昼間のこの 職場も学校に紹介してもらいました。関東リハの授業料は比較的安く設定されて いるので、昼間の仕事のアルバイト代でまかなうことが可能です。また、臨床実習 にも支援制度があり、お金のことをあまり心配せずに仕事と勉強に集中できたの で、大変ありがたかったです。 職場にはさまざまな利用者の方がいらっしゃいま したが、気持ちを理解する上においても、身体の中で起こっていることを的確に把 握することがとても大切です。学校の生理学の授業で人の体が動くメカニズムを 知ることがすごく役に立っていて、現場でも学校での学びが活かされていると感 じました。将来はこれらの知識を元に勉強を続け、発達など得意分野を持った作 業療法士になりたいと思います。