作業療法学科

作業療法士へのプロセス

3年間の学びと流れ
1年次

医療人としての基礎から専門的な知識を学ぶ

哲学・心理学・社会学・教育学など科学的思考の基盤を学び、さらには、解剖学・生理学・運動学・リハビリテーション医学・基礎作業学実習など作業療法の根幹を学び評価学や治療学の基礎につなげていきます。

2年次

プロを目指すための実技・実習のスタート

作業療法の専門的知識を深めるとともに、病院や施設などの作業療法臨床現場において3週間の臨床実習Ⅰを2回行います。対象者の全体像を多面的に分析し、治療・訓練に役立てるために、実践的な実技演習の時間も多く用意しています。

3年次

臨床実習を経て国家試験へ

2年次の臨床実習Ⅰに引き続き8週間の臨床実習Ⅱを2回行います。実習は、観察とともに、患者さんにどのように働きかけをすべきか、また、すべきでないことは何かを学んでいく機会です。学生同士でそれぞれの経験を語り合い、また教員のアドバイスを得て、患者さんと接するあり方を探りながら、医療人としての人間形成をしていきます。

国家試験を受験
主な実習病院・施設

366リハビリテーション病院、朝霞台中央総合病院、あさひ病院、青梅東部病院、小川敬愛の杜、介護老人保健施設 愛、関東病院、北野台病院、吉祥寺病院、清川病院、圏央所沢病院、小金井リハビリテーション病院、小平中央リハビリテーション病院、桜ケ丘記念病院、狭山ケアセンター、三恵病院、シーダ・ウォーク、四季の里、慈雲堂病院、清智会記念病院、聖パウロ病院、総合川崎臨港病院、曽我病院、大生病院精神、東京天使病院、永井ひたちの森病院、なごみの里、七生病院、西八王子病院(身障)、沼田脳神経外科循環器科病院、ハートケア左近山、ハートフル田無、蓮田よつば病院、飯能リハビリ館、山﨑病院、緑風荘病院