受験生の方へ

教育の特徴

個別指導と実習に重点をおいた関東リハの教育システム

療法士になるためには、必ず国家試験に合格しなければなりません。受験資格を得るには厚生労働大臣指定養成施設にて 所定の単位を取得することが条件となります。本校では国家試験に向けて定期的な模試はもちろん、様々な受験対策を実施して 全員合格をめざすために万全のバックアップ体制で挑みます。

合格率
一体感のある充実した学び
教員は勉強から生活、将来のことまで何でも相談できる存在

学生と教員の距離が近くアットホームな雰囲気が魅力です。また、学生全員がきちんと理解できるまで分かりやすく丁寧に指導を行っています。 合格率

作業療法学科
成果につながるプログラム
国家試験合格に導くSTEP

早期より見学実習を経験し実際の現場を体験していき、 現場で必要な能力を段階を経て習得していきます。

関東リハの国家試験対策のポイント

  1. 基礎医学の知識を固める早期国試対策講義
    国家試験対策では、まず基礎となる基礎医学(解剖・整理・運動学)の復習から入ります。この部分は覚えることも多く非常に重要であり、早くから反復して学び知識を固めます。
  2. グループ学習でしっかりとした知識を蓄積
    グループ学習で学生が相互に教え合い知識を深めます。仲間に発表するための準備や質問への対応などを通して自身が主体的に学ぶ事により知識がしっかりと身についていきます。
  3. 学生一人ひとりに寄り添い個別のフォロー
    学生個々の弱点を克服するための個別のフォローを重視しています。全国模試の結果などによって判る学生個々の誤解(間違い)や疑問点を整理し、克服する支援を行います。
作業療法学科
安心して学べる支援制度
本校独自の学費支援制度で”やる気”をバックアップ
  • オープンキャンパスへの参加者全員入学金5万円免除
  • 国家試験対策のための模擬試験代全額支援
  • 臨床実習のための交通費一部支援 (片道780円以上の場合に支援)
  • 実習費などの別途徴収はなし
  • 遠方実習先での宿泊料支援 (賃貸料全額支援)