在校生・卒業生インタビュー

理学療法学科
在校生インタビュー
患者さんの気持ちの分かる
理学療法士を目指して

理学療法学科 塚本 夏凜 さん

  • 理学療法士をめざしたきっかけ

    中学生の頃、怪我をした時に病院で理学療法士の方が笑顔で優しく接してくれたおかげで、不安だったリハビリを明るく、前向きに考えられるようになりました。そんな理学療法士に憧れを持ったことがこの道をめざしたきっかけです。関東リハを選んだのは、オープンキャンパスに参加した時に、先輩方や先生方がとてもフレンドリーで、学校の明るい雰囲気に惹かれたからです。先生と学生の距離も近く、この学校だったら、楽しく学びながら理学療法士をめざせると思いました。

  • 関東リハの魅力

    関東リハの授業は、先生方がパワーポイントを使って説明したり、大事な箇所だけをまとめた資料を作成して配布してくれたりして、とても分かりやすいです。それでも分からなさそうな反応をしていると、先生はすぐに察して、さらに分かりやすい言葉で説明してくれるなど、すごく学生に寄り添った教え方なので、疑問点もすぐに解決できます。クラスメイトは同じ目標をめざす仲間です。放課後に残って一緒に復習したり、テスト前は問題を出し合ったりするなど、自分にとっては励みになる存在です。

  • 入学してからの自分の成長

    理学療法士は人と接する仕事なので、コミュニケーションや礼儀が大切ですよね。関東リハでは、普段から先輩方や先生方と挨拶をしたりしています。また、担任の先生からは、言葉使いや文章の書き方などもしっかりと指導してもらえるので、人としても成長できているような気がします。入学して早い段階の授業で、国家試験に出た問題やポイントを教えて頂けます。おかげで1年次から国家試験に向けての心構えを持つことができ、コツコツと勉強することで余裕を持って国家試験対策ができますね。

  • 勉強すればするほど
    理学療法士の魅力に
    気づきます

    理学療法学科須賀 彩那 さん

    脳梗塞で倒れた祖父に寄り添う理学療法士さんの一生懸命に頑張る前向きな姿に心を打たれこの道をめざしました。関東リハを選んだのは、先生と生徒の距離が近く、気軽に相談できるからです。先生方は、教科書の重要な部分を抜粋したプリントを配布したり、国家試験によく出題されるポイントも教えてくださるなど、すごく分かり易い授業を行ってくれます。

  • 勉強意欲を
    湧かせてくれる
    授業が魅力です

    理学療法学科武子 遼大 さん

    運動中に前十字靭帯を損傷し、理学療法士の先生に大変お世話になり、理学療法士に興味を持ちました。私は大卒で、少しでも早く資格を取得したかったので、3年間で取得を目指せる学校を探していたところ関東リハを知り、学校の雰囲気も良かったので入学を決めました。先生方は授業の進め方がすごく面白く、勉強する意欲をわかせてくれる内容です。

卒業生インタビュー
  • 患者さんの笑顔と
    感謝の言葉が
    何よりも力に

    理学療法学科鈴木 眞子 さん

    関東リハは少人数制クラスでしたので、すごく中身の濃い授業が受けられたと思います。現在は病院のリハビリテーション科に勤務しています。臨床に出て改めて基礎的な知識の重要性を痛感しています。現場は想 像以上に大変ですが、患者さんからの感謝の言葉と笑顔が何よりも力に なります。今後は技術のみならず、知識の向上も行っていきたいです。

  • 先生のアドバイスで
    自分の苦手な
    箇所を克服

    理学療法学科小島 昌孝 さん

    関東リハは先生との距離も近く、勉強だけでなく学生生活についても親身に相談に乗ってもらえました。また、自分の苦手なところを把握してくれていて、どうすれば克服できるかを的確にアドバイスしていただきました。病院での現場実習では実際の患者様を相手にするのが大変でしたが、患者様とのコミュニケーションの重要性を学ぶことが出来ました。

作業療法学科
在校生インタビュー
働きながら
資格が取得できる
それが夜間部の魅力

作業療法学科 茂木 愛李 さん

  • 作業療法士をめざしたきっかけ

    知人が障がいを持つようになり、どのように接していくことがよいのかを調べていくうちに、作業療法士という仕事が精神的にも身体的にもアプローチが出来ることを知り、この道を目指しました。できるだけ早く資格を取得したかったのと、昼間は働きながら勉強をしたかったので、関東リハの夜間部3年制は私にとっては理想的な学校でした。あと、学校を見学した時の先生方の対応がとても素敵で、雰囲気にも惹かれました。

  • 関東リハの魅力

    学内は、いつも学生や先生の挨拶が飛び交う明るい雰囲気です。入学したての頃、先輩や先生達が気軽に話しかけて和ませてくれたので、すぐに学校に馴染むことが出来ました。クラスは、一体感があり、みんな前向きで国家試験を目指して一生懸命に取り組んで頑張っています。授業前や授業後には、クラスメイトとお互いに問題を出し合ったりして復習するなどしています。学んだことを人に説明できるようになるには、しっかりと自分自身がその内容を理解することが大事だということに、あらためて気づかされます。

  • 入学してからの自分の成長

    クラスメイトは同じ目標に向かう友人です。分からないことを共に考え、教え合える大切な存在です。今まで自分に甘く生きてきた私ですが、常に前向きで一生懸命に取り組んでいるクラスの仲間たちのおかげで、前より自分に厳しくなれたと思います。仕事と学業の両立は大変ですが、学んだことが昼間のリハビリの仕事現場ですぐに体験できるというメリットもあります。また、社会人としての自負があるおかげで、限られた時間の中で集中して学ぶことが出来ているような気がします

  • 同じ目標を持つ
    クラスメイトたちと
    切磋琢磨しています

    作業療法学科前田 章伊 さん

    関東リハは3年制の短期カリキュラムも魅力でしたが、夜間部なので昼間は仕事や勉強ができると思い選びました。クラスの雰囲気も良く、試験前はクラスメイトと一緒に復習をしたり、お互い分からないところ教え合ったりしています。勉強は大変ですが、同じ道をめざす仲間たちと一緒に学んでいくことは刺激もありとても楽しいです。

  • 3年間で
    OTをめざせるから
    関東リハを選びました

    作業療法学科大槻 遥菜 さん

    自分の身近に精神に障がいをもった方がいて、そういった方々の役に立ちたいと思ったのが作業療法士をめざしたきっかけです。学科は3年制ということもあり、1年生の時から実技を学んだり、実際の現場に行ったりと授業の内容はとても濃い内容となっています。難しい内容ですが、質問もしやすい雰囲気で、前向きに授業に取り組むことができます。

卒業生インタビュー
  • 実習で学んだ「礼儀」が
    仕事現場でも大事だと
    感じています

    作業療法学科家久 恭子 さん

    学費が安く、仕事をしながら学べる夜間部が魅力で関東リハを選びました。グループワークや実習のレポート発表など、クラスメイトとお互い意見を交換し合い良い刺激を受けながら学ぶ意欲を継続できました。国試対策では過去問で良い点が取れなかったのですが、先生方がずっと気にかけてくださったおかげで最後まで頑張れました。

  • 卒業生として
    関東リハを
    盛り上げていきたい

    作業療法学科岩崎 純平 さん

    在学中は日中病院で働きながら学校で学んでいました。仕事と勉強の両立は大変でしたが、臨床の現場を観つつ学習していくことで授業の内容がイメージしやすく、実際臨床へ出た際にスムーズに活かすことが出来たように感じています。関東リハは、とにかくいろんな相談を親身になって考えてくれる学校でした。