理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節 可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改 善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

理学療法とは

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

「理学療法士」の仕事を知る

検査測定・評価

リハビリを実施する前に、まずは患者の状態を確認し今後の治療方針を立てます。基礎疾患や既往歴、生活状況といった患者の基本情報はもちろん、身長体重、手足の長さ、心電図、血圧、筋電図、運動機能(筋力、持久力、柔軟性、敏捷性、平衡性など)、神経機能などを検査します

運動療法

患者自身の力、または理学療法士による手技や器具によって患者の身体を動かすことで、筋力、持久力、柔軟性、敏捷性、平衡性などの機能の改善を目指します。

物理療法

電気や光線、温熱、マッサージなどの物理的なエネルギーを利用することで、痛みの軽減、血液循環や筋機能の改善を目指します。

補装具の適合判定

義肢や装具、杖、車椅子などの補装具が必要な患者の適合判定や調整、着脱や使い方のレクチャーをおこないます。

家屋調査・環境調整

退院後の生活で不便がないよう、患者の自宅へ訪問し屋内や周辺環境を調査することがあります。調査の結果、必要に応じて家屋の改造提案や生活上の指導をおこないます。

多職種・患者家族との連携

リハビリを実施するには多職種間の連携が必要不可欠です。理学療法士が接することが多いのは医師や看護師、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、心理職、ソーシャルワーカー、ケアマネジャーなど。それぞれの職種が専門性を活かし、協力しながら今後の治療方針や支援内容を決めます。

理学療法の対象となる人は

理学療法の対象者は主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。病気、けがはもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます。

最近では運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障害を持つ人に限らず、健康な人々に広がりつつあります。また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。

理学療法士の活躍場所

介護施設や在宅において

通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、住宅改修・福祉用具のアドバイス等、介護保険サービスの現場において理学療法士が活躍しています。

医療施設において

理学療法⼠は、様々な疾患の発症早期から、状態や時期に応じた理学療法を病院/診療所などの医療施設において提供しています。

健康増進や予防において

理学療法士は、病気やケガを予防するための健康増進や高齢の方の介護予防などに取り組んでおり、さらに生活習慣病に対する運動指導や個々に適した就業環境の提案などにも活躍の場が広がっています。

教育現場や研究において

教育現場で活躍する理学療法士は、優れた理学療法を行うための知識と患者さんの立場に寄り添う感性を併せ持つ理学療法士を養成することが使命です。また、常によりよい理学療法技術を確立するための研究活動を行っています。

作業療法士と理学療法士の違いとは

理学療法士と並ぶリハビリ職の国家資格として、作業療法士(Occupational Therapist:OT)があります。理学療法士の支援対象は身体に障がいを持つ人が中心ですが、作業療法士の場合は精神障害者も支援対象に含まれます。

理学療法士は座る・立つ・歩くといった“基本的な動作”を中心にリハビリするのに対し、作業療法士は服を着替える、身体を洗う、字を書くといった日常生活での“応用的な動作”を主軸としてリハビリをおこないます。ただし2つの領域が明確に分かれているわけではないため、理学療法士が日常生活上の作業を訓練することもありますし、作業療法士と連携しながら進めることもあります。

作業療法士になるには

国家試験の受験

国家試験の受験(図) 国家試験の受験(図)

理学療法士として人の役に立つ仕事をするためには、まず国家資格を取得することが必要です。

理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要です。養成校には4年制大学、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)、特別支援学校(視覚障害者が対象)があります。 なお、すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。

養成校のカリキュラムには、大きく分けて、一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習の4種類があります。専門科目には実技やグループで課題に取り組む授業もあります。 また、養成校それぞれにも特色がありますので、自分が将来どんな職場で働きたいかを考え、それに合うカリキュラムや実習先を用意しているところを選ぶと良いでしょう。

理学療法士国家試験 受験者数と合格率の推移

理学療法士国家試験の過去5年間の合格率は、80%前後で推移しています。

作業療法士国家試験 受験者数と合格率の推移(図) 作業療法士国家試験 受験者数と合格率の推移(図)

※厚生労働省発表資料に基づく

理学療法士国家試験の概要

理学療法士国家試験の概要は次の通りです。
<科目・試験方法>

〈一般問題〉
· 配点:1問1点、全160問
· 出題内容:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法
〈実地問題〉
· 配点:1問3点、全40問
· 出題内容:運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法

理学療法士の年収について

これから理学療法士を目指す方や、現在理学療法士として働いている方にとって気になるのは、やはり給与などの収入面だと思います。

2022年2月に発表された理学療法士の平均月収は27万7,214円、平均年収は388万996円でした。※1

理学療法士の給与は、働いている地域や経験年数などによって、違いが出ることがありますが、あくまでも全国の平均データとして参考にしてください。

※1 医療介護求人サイトNo.1 *自社調べ 日本最大級の医療介護歯科求人サイト「ジョブメドレー」より引用
https://job-medley.com/tips/detail/876/